PEDODONTICS小児歯科

お子様の健康のためにできること

乳歯はいずれ永久歯に生え変わるものですが、だからと言って乳歯のケアをしなくて良いわけではありません。乳歯の虫歯は、乳歯の下に隠れている永久歯にも悪影響を与えます。また、早期に乳歯を失うと、永久歯が生えてくるまでその場所には空間ができますので、周りの歯が傾いてきてしまって歯並びが悪くなる可能性もあります。

子どものうちは一人で上手に歯磨きができないため、親御さんの協力も不可欠です。歯科医院では治療だけでなく衛生士によるブラッシング指導も行っており、親御さんもお子様と一緒に学びながらお口のケアに取り組んでいくことが大切です。

小さなうちから始められる虫歯予防

歯の生え始めや乳歯の時期におすすめの虫歯予防法が、フッ素とシーラントです。幼少期に虫歯にならなければ、その後の虫歯リスクは大幅に減少しますので、ご興味のある方は是非お気軽にお声かけ下さい。もちろん、これらを行っているから大丈夫と油断しては意味がありません。ご自宅でのセルフケアに加え、歯科医院での定期検診を通してお子様のお口の健康を守っていきましょう!

フッ素塗布

生えたばかりの歯(乳歯・永久歯ともに)はまだ柔らかく、硬くなるまでの数年間は虫歯になりやすい状態です。フッ素には歯質を強化する成分が含まれており、柔らかい歯に塗布することで高い虫歯予防効果を発揮します。酸によって溶け出したエナメル質を再石灰化する働きもあり、初期の虫歯であれば修復が可能です。歯の生え始め~小学校まで継続してフッ素塗布を行うと良いでしょう。

シーラント

歯の咬合面には細かな溝がありますが、この溝は複雑な形をしているため、歯ブラシが届きにくい箇所でもあります。特に奥歯の溝は非常に虫歯になりやすく、「この溝を虫歯になる前に埋めてしまおう」という発想で考え出された方法がシーラントです。溝をプラスチック(保険適用の詰め物治療などでも使われるレジンのこと)で埋め、隙間に汚れが溜まらないようにすることで虫歯を予防します。

小児矯正で気になる歯並びを早期に改善

お子様の歯が生えてきたら、ほとんどの親御さんが歯並びを気にし始めるかと思います。遺伝によって噛み合わせに問題が生じているケースもありますが、幼少期の悪癖や生活習慣によって、歯並び、ひいては骨格が変化して、通常とは異なる方向へ成長・発達するケースも実は多く存在します。子どもの矯正、つまり小児矯正はきれいな永久歯列を作るための準備段階とも言える治療であり、癖の改善や口腔筋機能のトレーニングと並行しながら顎の骨を形成していく作業が中心となります。

床矯正装置による小児矯正

小児矯正で主に使用する装置が床矯正装置です。歯がおかしなところから生えてきて歯並びがでこぼこしている原因は、お子様の歯列幅が狭く、全ての歯が本来の場所に収まりきれていないことにあります。床矯正装置はこの狭い歯列幅を広げるための装置で、内側から少しづつ力を加えながら歯列の拡大を行います。

CONTACT お問い合わせ

00-0000-0000