PERIODONTICS歯周病治療

豊富な知識と確かな技術に基づいた歯周病治療

歯周病は日本人のおよそ8割が罹患していると言われる国民病です。歯周病菌は歯の表面のみにとどまらず、深くなった歯周ポケットから体内にも入り込み、様々な全身疾患を引き起こす非常に恐ろしい性質を持っています。ある程度症状が進行しても痛みが出にくく、患者様ご自身で自覚して受診されるケースは少ないのが特徴です。
歯を失う大きな原因は歯周病であり、歯周病の治療や予防をきちんと行っておくことで、生涯の残存歯数を増やすことが可能となります。自分の歯を使って食べ物をしっかりと噛めるか、家族や友人との会話を楽しめるかどうかは、その人のQOLを決定すると言っても過言ではありません。お口の健康はいずれ全身の健康へとつながりますので、もし歯ぐきの腫れや出血に気付いたら、お早めに受診にいらして下さい。

歯周病学会認定医の院長が治療を担当します

当院の院長は、日本歯周病学会の認定医資格を保有しています。日本歯周病学会とは、歯周病の原因究明や新たな検査・診断・治療方法の開発に取り組む学術団体です。認定医資格は歯周病に関する一定基準以上の専門知識と技術を持ち、試験に合格した歯科医師に付与されます。重度の歯周病に対する外科処置や、痩せ衰えてしまった歯周組織の再生療法など、幅広い症例に対応しております。全ての患者様が歯周病と無縁になり、1本でも多くの歯を残すことができるように、誠心誠意、診療を担当させていただきます。

メンテナンスは認定歯科衛生士にお任せ下さい!

歯科医師だけでなく、歯科衛生士も認定歯科衛生士の専門資格を保有しているのが当院の大きな特徴です。一定年数以上の臨床経験があり、学会の参加や歯周病に関する十分な研修を受け、各種審査を通過した衛生士のみに認定歯科衛生士の証明書が交付されます。豊富な知識と高度な技能のもと、歯石・プラーク除去や歯周病リスクの検査を実施し、メンテナンスを通して患者様のお口の健康を守ります。

当院で行っている歯周病治療

位相差顕微鏡による細菌検査

位相差顕微鏡では、歯周病の原因菌である歯周病菌や真菌(カビ菌)を観察することができます。口腔内常在菌には何百もの種類がありますが、実際に口腔内に存在する菌の数や種類は人によって千差万別で、効果的な歯周病治療の実現にはお一人おひとりの原因菌の除去が必須となります。現在のお口の状態を把握し、今後の症状の進行度合いを予測するために、位相差顕微鏡は重要な役割を担っています。
細菌は目に見えないだけあって、モニターを通して見るお口の中の様子は衝撃的かもしれませんが、ご自身の症状を実感できる貴重な機会でもあります。

症状に応じた外科処置・再生療法

フラップ手術

初期の歯周病の場合は一般的な歯石・プラーク除去で症状の改善が期待できますが、重度の歯周病の場合は医療器具が届かないくらいまで歯周ポケットが深くなり、汚れや細菌を完全に取り除くことが難しくなります。その際に当院で採用しているのがフラップ手術という外科処置です。
フラップ手術では歯茎を切開し、術者が患部を目視できる状態で歯周ポケット深部や歯根面にこびりついた汚れを物理的に破壊していきます。処置が完了したら歯茎を縫合して戻し、その後は定期検診によるメンテナンスに加えて患者様ご自身でもしっかりとブラッシングを行っていただきます。

GTR法

GTR法(組織再生誘導法とも)は、歯周病によって溶かされた歯槽骨の修復を目的とした歯周組織再生療法の一つです。骨が失われたことによって空間ができた場合、歯周組織が再生しようとするよりも先に、上皮組織である歯肉がこの空間を埋めようと侵入してきます。しかし、このままではもともと歯周組織があったところが歯肉によって塞がれてしまうため、組織を修復させたくてもその場所がありません。
そこで、骨の細胞を増殖する場所を確保するために生み出されたのがGTR法です。GTR法では歯茎を切開して歯周ポケット内の歯石・プラーク除去を行った後、骨が失われた箇所にメンブレンと呼ばれる人工膜を張り、歯肉の侵入を防ぎながら少しずつ歯周組織を回復させていきます。

リグロス歯科用液

リグロス歯科用液とは、日本で開発された世界初の歯周組織再生剤です。厚生労働省からの認可を受けており、その有効性・安全性が保障されている保険適用の薬剤ですので、安心して治療を受けていただけます。
歯周組織の再生には条件があり、骨の細胞と細胞が生存できる環境、そして細胞を成長させる因子が必要です。リグロス歯科用液には細胞の増殖を促進し、歯槽骨や歯根膜などの歯周組織を回復させる働きがあります。外科処置の際に歯槽骨の欠損部にリグロスを塗布しておくことで、約1年後には組織の回復を確認することができます。比較的新しい治療方法ですが、歯周組織の回復量が多く、手術の回数が1回で済むなどのメリットがあります。

CONTACT お問い合わせ

00-0000-0000